契約産地/生産者訪問(鹿児島県薩摩白ねぎ出荷組合)

 8月4日鹿児島県南さつま市の薩摩白ねぎ出荷組合を訪問してねぎの生育状況を確認しましまた。5月に定植したねぎは定植後の大雨で流された苗も多く見られましたが、生産者の努力により植え直しが行われました。植え直し後の干ばつにより生育が止まっている砂地のほ場も見られました。シラス台地のほ場は生育が順調で10月からの出荷を目指し作業を行っていました。今後の管理について意見交換をしました。

シェアはこちら