契約産地/生産者訪問(鹿児島県薩摩白ねぎ出荷組合)

2020 3/10

 3月5日鹿児島県南さつま市の薩摩白ねぎ出荷組合を訪問してねぎの生育状況を確認しましまた。初夏ねぎ(トンネル被覆をしなくても栽培が可能)は、11月に定植して、5月に収穫する作型ありますが、一回雹害に遭いましたが、生育は概ね順調でした。現在、収穫中のねぎの生育も概ね順調でしたが、一部に葉枯病の黄斑症状が見られました。「ねぎ情報」をもとに意見交換しました。

画像
画像

関連記事